ダイビングに慣れてくるともっと他の器材が欲しくなります。ここでは「ダイブコンピュータ」「マスク曇り止め」「メッシュバッグ」「BCDとカメラをつなぐケーブル」についてご紹介します。

ダイビングをする場合、器材をレンタルすることも可能ですが、やはり自分専用の器材をそろえておくと楽しみも増します。ここでは基本となる10個の器材の紹介と価格帯を書いております。

基本のオープン・ウォーター・ダイバーとアドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバーのライセンスについての説明です。また活動の幅を広げるためのスペシャルティについても解説しております。